全てを理解するのは容易じゃない弁護士の職務内容の職域について

サイトマップ

トップバナー

弁護士の職務内容の職域は幅広く、様々なものがあります

代表的な弁護士の職務内容の職域として知られているのは、法的手続きなどを当事者の代理人として行ったり、法廷で被告人を弁護士、被告人 に代わって主張や弁護をする、といった所が有名ですよね。 これらの弁護士の資格や職掌に関しては弁護士法に定められています。

弁護士イメージ

職務内容を分類は可能

弁護士が行う業務や職務内容は法律事務所作業がメインになりますが、これらの職域はいくつかの観点から職務内容を分類することが可能です。

難しい顔
全部を理解するのは難しい

法律に関わる職域が広い弁護士の職務内容は全部を理解するのは容易ではありませんが、ある程度、業務の分類を知っておくだけでも随分と職務内容の理解が変わてきます。それでは、次で代表的な職域をみてみましょう。

その23つの弁護士の職域

紹介する人

ここでは、弁護士が行う職務内容の代表的なものを3つに分けて簡単に説明してみます。 一つ目は「一般民事」、2つ目は「企業法務」、最後に「刑事」です。 一般民事は、主に一般人から依頼を受け、民事上の法律問題についての職務内容です。 例えば過払い金の返還請求など依頼者が一般人なので争う相手が企業でも一般民事の枠の職域に入ることになります。

企業法務と刑事業務

次に企業法務というのは、依頼主が法人で、その法律問題に関して作業を行うものです。企業法務は例えば商事事件、企業統治や渉外事件、ファイナンスやM&A、税務関係など沢山のカテゴリーに分けられています。 最後に刑事というのは、主に被告人や被疑者の弁護などの業務を行うものです。公判で法廷活動や不起訴にす るための活動、保釈請求や示談交渉などの業務、さらには、拘留中の被疑者と外部との連絡係になったりする業務まで行います。 あまり知られることのない弁護士業務の職域ですが、本当に多岐にわたり、一般の人たちが想像するよりはるかに幅広いものに なっているのが現実なのです。そして、弁護士もその職域の中で得意分野、不得意分野がある、というのも覚えてお きたい基礎的知識になります。ですので、ホームページなどで得意分野や専門的に行っている分野がないか事 前調査することも大事です。弁護士と聞くとどんな分野でもすべて対応してくれそうに感じますが、実際はこの ように違うのです。ですので、どの分野に強いのか、ということをしっかりと確認した上で考えるようにしましょうね。


相互リンク
http://www.jitsuin-senka.com/
http://i-eigo.net
http://datsumou-datsumou.com

その3民事事件と刑事事件の違い

弁護士が行う職務内容の職域で民事事件と刑事事件、という言葉をよく聞くと思いますが、これらの違いを知っている人は少ないのではないでしょうか? 言葉はよく聞いても、違いがわからないこの民事事件と刑事事件の職域の違いをみてみましょう。

民事事件
弁護士バッジ

弁護士が行う職務内容の民事事件、裁判は、原則、個人が個人を訴えて裁判所に争いの解決策を求めるものと理解してよいです。つまり、個人対個人という形で、お互いに対等の関係になると考えて良いです。 状況によって個人が企業が国を訴えることもありますが、そのような状況下でも立場的にはお互いに対等である、というを理解しましょう。これが民事事件の基本的な考えになりますので、ここをしっかり押さえておきましょう。

刑事事件

弁護士の職域である刑事事件や裁判は、国から指定された検察官が民事裁判でいう原告の立場に立って罪を犯してしまったと判断した人物を、起訴し、罪に応じた処罰を裁判で求め、それを裁判所が決めます。

刑事事件にでは、国が大きな強制力を保有し、国家を上に考慮すると、訴えられた被告人が立場的下になり、上下の関係がなりたってしまいます。 この立場の違いが民事事件と刑事事件での差、と理解して差支えはないでしょう。弁護士はこの2つの違いを押さえて、職務内容をこすことになります。 弁護士はこの違いを押さえていないと職域をこえてしまうことになりますので、相当な注意が必要になってくることもあります。職域を 超えないように弁護士がしっかりとこのような知識をもっていることも必要になってくるとです。案外知らないうちに職域を超えてしまったり、または 報酬欲しさにわかっていて、職域を超えてしまう弁護士もいるのです。


相互リンク
無料法律相談
 

その6弁護士の職務内容の変化

弁護士の職務内容の職域は弁護士法に基づき、定められており、資格を所有していない人達が「弁護士」を名乗ることはもちろん禁止されています。また弁護士の資格を持っていない人が法律事務をお金をもらうことを目的として開くことも禁じています。このように弁護士は業務独占資格の一つになっているのです。

弁護士と他士業との関連も定められています。弁護士は、弁護士だからといって、その職域で司法書士や海事代理士などの資格登録することは禁止されています。だだ、職務を行う上で必要な場合だけは司法書士や海事代理士の業務をすることが法律で認められています。ただ、公認会計士や土地家屋調査士等の職務内容は代行することは認めらません。

司法書士が簡易裁判所で行う訴訟代理をしたケースも
裁判イメージ

訴訟代理をするのは以前は弁護士にのみ許されていた業務でした。しかし地方などで、弁護士の数が少ない場所や、少額事件の当事者のケースなど、弁護士を雇わず、本人が訴訟をする必要がでてきたため、これを改善するために弁護士でなくても、特定の法律専門資格保持者にある一定金額までを上限とした職域が訴訟代理権が与えられました。

過去の例を振り返ってみると、司法書士が簡易裁判所で行う訴訟代理をしたケースがあります。司法書士の業務内容の権限を 広げたことで、紛争当事者の権利保護をするために、懲戒規定は厳しくなっています。司法書士以外でも、弁理士や土地家 屋調査士や社会保険労務士に代替的紛争解決制度の中での代理権が現在、職域として認められています。このように弁護士の 職域の内容は厳しい規定がありますが、広がってきている部分もあるので、職務内容を知り、弁護士の方がよいと思えば、 弁護士に一度相談されるとよいと思います。一時間で数千円から数万円が必要になりますが本当に必要な相談であれば、プロの アドバイスを求めましょう。お金に変えられないくらいの情報をもらえるのです。ネットで見知った知識を披露する人がいますが、 専門家からすれば間違いだらけなのです。知らず知らず恥をかいてしまうこともありますので、自信過剰にならないようにしましょうね。


相互リンク
http://www.js-iijima.jp/
https://www.sougi-sos.com/saijou/saitama

その6実際の弁護士への依頼料の目安1

問い合わせイメージ

では実際に私達が一番気になる、弁護士に職務を依頼した時の、費用がかかるのでしょうか?弁護士の職務内容や職域に対する報酬額は、それぞれの弁護士がて基準をもっているので、標準価格というものがないのが実情です。ただ、オープン価格だといってもある程度の目安がないと、その報酬額が妥当な額かどうか普通の人はわかりません。なので、目安となるよう、日弁連がまとめた弁護士報酬に関連したアンケート結果から大体の目安金額をみてみましょう。

例えば、弁護士に法律に関する相談をした時の相談料は大体いくらなのか。目安は一般人が法律相談したケー スで、1時間で相談が完了した時、アンケートによると1万円が50%、5千円が30%とでています。法律に関する相談料は 1時間、5千円~1万円位が相場のようです。このように弁護士に対して相談すると高額になってしまう場合もありますが、市などで 無料弁護士相談などを設けることがあるので、そのような場を活用してもよいでしょう。弁護士の無料相談というと、どうしても弁護士事務所で お金を払って、というイメージが強いですが、市で無料相談してくれている場合もあるのです。

依頼料の目安2
指さしする人

次に企業が弁護士に契約書の作成の職務をお願いした場合を見てみましょう。1年間の取引額が3千万程度の会社が例えば、基本売買契約書を弁護士に依頼した場合です。契約書作成に2時間から3時間かかったとします。顧問契約をしていない場合で、この事案の手数料がいくらになるのでしょうか?アンケートでは、5~10万円位が8割になったそうです。契約書の複雑さ等の職域で弁護士へので手数料は変わりますが、これが一応の目安のようです。

最後に、知り合いに貸したお金を返済してもらえないので、弁護士に依頼した場合をみてみましょう 。貸した総額は300万円、まずは弁護士名で内容証明を使って督促したとします。しかし、その知り合いが内容証明を無視 したので、裁判を起こし、全額返済してもらうことができたとします。このケースでは、内容証明郵便の手数料が3万円 程度、裁判の着手金が20万円程度、報酬金として30万円位という結果がでています。 ですので、上記程度の着手金や手数料等が必要なことをしっかりと把握した上で相談、依頼する必要があるのです。 相談から着手、報酬まで考えるとそれなりの資金が必要になってくる、ということをしっかりしっておきましょう。 ただ、一括払いだけでなく分割にも対応している弁護士がほとんどですので、分割希望の場合はどこまで分割できるかも 確認しましょう。また、手数料が分割の場合はかかってしまい、高額になるケースもあるので、その点も確認する 必要があります。クレジットカードは手数料が15%程度ついてしまいますので、ローンの回数によっては、何万円も 変わってしまうので特に注意が必要です。指定回数が多ければ多い程手数料が高くなります。ヘタすると半年 近く利息だけ払うことになりかねません。製品を購入した時の製品料金よりローンの利息のほうが 同じくらい、ということもあります。


相互リンク
http://www.best-forward.com/
http://abe-jim.com/"
http://exterior-gardening.com/flow/

その6弁護士に支払う費用の2つの種類

弁護士のに支払う費用は職務内容、職域により大きく変わりますが、大まかに、依頼人が支払わなければならない費用は大きく分けて2つあります。まず最初が「弁護士報酬」と呼ばれるもので、もう1つが「実費」と言われるものです。これらの費用を弁護士に依頼人は払わなければなりません。弁護士報酬には、着手料や報酬金、手数料、相談料、鑑定料、顧問料、日当、タイムチャージなど様々な物が含まれています。

報酬の計算方法は、「着手金、報酬金方式」と「時間制報酬方式」などがあります。着手金というのは依頼した弁護士に仕事を お願いした段階で払わなければいけないお金です。事件が最終的にどうなったかや、仕事内容とは無関係に、仕事を依頼の手続きに必要な着手時に払うお金です。 これは報酬金とは別で手付金とは違うので注意が必要です。時間制報酬の場合、お願いした仕事や事件などを解決するのに弁護士が費やした時間に対して1時間あ たりの単価計算で報酬が決まります。このように雑誌などでそのまま見過ごしてしまいがちな報酬形態ですが、実は知らないと依頼するときに困るものなのです。

弁護士に支払う実費とは?
お金イメージ

次に「実費」とは、事件を処理するために弁護士が自分で出費なければいけなかったお金で、裁判を起こすのであれば、裁判所へ支払う印紙代や切手代、記録謄写費用などが該当します。依頼の中身によっては保証金や鑑定料など他にも実費が必要になってくる場合もあります。弁護士が出張する場合には、その交通費や宿泊費、日当なども依頼主が払うことになります。

弁護士の職務内容の職域は本当に幅広いです。そして、その職域によって、弁護士に職務を 依頼する際に依頼料が変わるのも事実です。弁護士に依頼する際はまずは無料相談などの窓口をもうけている弁護士に依頼する 職務内容の職域や具体的な内容を説明してまずは、見積もりをとってみるのが一番だと思います。

このように職域はと料金は変わってきますので、すぐに弁護士を決めないことも重要になってきます。このように職域による 値段や信頼度など様々な要因により依頼料も変わりますし、弁護士によって依頼料も様々ですので、依頼する際には事前 調査をしっかり行ってから依頼しないといけないのも基礎的知識になります。いかがだったでしょうか?以外と知っているようで 知らなかった弁護士の職域も多かったのではないでしょうか?ここまで弁護士の職域に関する情報を お届けしてまいりましたが、弁護士に何か依頼しようとしている人たちのお役に少しでも立てれば幸いです。