弁護士が解決してくれる家庭問題

サイトマップ

トップバナー

家庭問題

個人トラブルの代表的な例

家庭問題は、弁護士に助言をもらうことによって解決の糸口が見つかりやすい個人トラブルの代表的な例です。 中でも“離婚問題”に関しては、夫側と妻側の考え方によって解決策はいくつか存在します。 どちらも離婚を希望しているのなら、当事者同士で離婚を決めることができるので弁護士への相談は必要ありません。 それぞれの条件を出し合って同意できた時、離婚届を提出すればいいのです。

もしも弁護士に依頼することがあるとしたら、後々にトラブルにならないよう夫婦の間で取り決めをした内容について協議書や公正証書などの書類を弁護士に依頼することくらいでしょう。 弁護士が間に入って離婚をまとめるケースは、どちらかが離婚に応じていない時、あるいは離婚には同意していても慰謝料や養育費などについて納得がいかない場合だと思います。 他には、どちらかが浮気とか不倫などの不貞があり、相手の人も絡んで複雑な場合などです。

弁護士の同席で展開が早いことも

問題が複雑化した場合、当人同士だけで冷静に解決するのは困難です。離婚問題がこじれてしまっ たら、調停や裁判などで解決方法を探っていくこととなります。調停だけで決着できそうでした ら当事者のみで解決できること思いますが、弁護士に同席をしてもらった方が早急に話し合い が終わると思います。状況的に見て調停だけでは話がまとまらず裁判にまでなりそうな場合 には、調停のときから弁護士にいてもらった方がメリットは 高まります。早い段階での状況把握は大切ですし、調停の様子をみて裁判以 外の方法を提案する場合も可能かもしれないのです。裁判になると費用も莫大になりますので、 弁護士を通じてよりよい和解案などで解決されればそれに越したことはありませんよね。

報酬

頑張る人

弁護士への相談に多い離婚は、色々なケースがあります。子どもの親権問題や慰謝料などをもめることが多いのです。ここでは離婚事由において必要となる弁護士報酬を説明していきます。夫のDVが原因で妻が離婚を希望しているケースを例にします。

離婚調停の際の着手金
親子

弁護士は3才の子どもの親権は母親が引き取りたいと伝え、さらに慰謝料を200万円請求しました。結果、子どもの親権は母 親になり、慰謝料200万円を受け取ることになりました。さらに養育費として毎月3万円を受け取る こととなりました。離婚調停の際の着手金は、20万円から30万円が相場と言われています。報酬金は20万円から30 万円が、アンケートに回答してくれた人全体の7割を占めています。離婚調停が不調で終わりその後離婚訴訟になっ た場合、着手金は10万円ほどの追加になります。訴訟して受任したときの着手金が30万円前後です。このように裁判が長引くと その分料金が加算されていきますので、この点も押さえておく必要があります。相手に弁護士費用まで請求できればよいですが、場合によっては 弁護士費用は勝っても負けても自分持ちのケースがあります。このことも弁護士に依頼する前に自分のケースで請求できるか確認しておきましょう。

弁護士の職務内容の職域