仕事の必要性が上がっている弁護士の活動について

サイトマップ

トップバナー

弁護士の活動

裁判所と密接な関わり

弁護士が任期付公務員として働けるようになったのは、ここ10年くらいのことです。ここ数年でどちらも増加傾向にあります。企業内弁護士は企業の中で従業員としてあるいは役員として働きます。弁護士の仕事の多くは裁判所と密接な関わりのあるものです。

最近の弁護士の例を見ていくと、企業や地方自治体や官庁などの組織に属している場合、公設の弁護士事務所で働いている場合、大学院などで法科の教育を行っている場合、国際活動を行っている場合など実に多種多様で法律事務所で行う仕事だけではなくなっているのが実情です。そのため弁護士の一般的な活動形態としては、裁判所の近くに弁護士事務所をかまえて、裁判所で開かれる審理の場で代理人として弁護士の業務をするのが便利な形となっています。従来はこういった活動スタイルをとっている弁護士が多かったのですが、最近は多様化しているようです。組織内弁護士の形態には、企業内弁護士と任期付公務員といったものがあります。

必要性に迫られて変わってきている

大手メーカーや外資系企業や金融関係などでは特に弁護士を雇っている企業が多いようです。組織に属している弁護士は、組織内弁護士として専門知識や経験をもとにして企業や官庁などで業務をしています。つまり現在の弁護士が働くスタイルには多くの働き方があって選択肢の幅が広がっていることになります。世の中の変化に伴って複雑で多様な業務が増えてきたため、弁護士の仕事も必要性に迫られて変わってきているようです。 任期付公務員は任期付きで中央官庁や地方公共団地において働く弁護士のことです。それ以前は弁護士が公職で報酬を得ることは禁止でした。弁護士の活動形態についてお話します。

東京の弁護士

働く人

東京の弁護士と言えば東京弁護士会、115年もの歴史を誇る日本有数の弁護士会です。目指しているのは相談者にとって身近な弁護士会だそうです。設立は明治26年、日本で近代的な裁判が始まろうとしていたころからあるのです。様々な裁判や紛争に携わり、先輩たちの功績が現代の若い弁護士たちにも引き継がれているのです。弁護士は弁護士会に所属することが、弁護士法により定められています。東京には大きな弁護士会が3つあり、その一つが東京弁護士会です。

ポイントイラスト人権意識を高めていこうという意識

刑事事件、子どもに関する出来事、高齢者、障害者、女性に 関する相談ごと、その他、ありとあらゆる分野で活躍しています。大きなところでは公害や環境問題に も携わっています。弁護士や弁護士会の意識を高めるため、積極的に 自己改革にも取り組んでいます。弁護士自らが襟を正すことによって、人権意識 を高めていこうという意識があるのです。東京弁護士会は通常の法律相談や紛 争解決のみの活動ではありません。調査・研究・啓蒙 活動、各種相談センターの運営など、幅広い活動を行っています。もちろ ん、あなたの身近な相談にも親身になって乗ってくれるはずです。自分が相談したい分野に関して 詳しいのかどうか、というのも話をして判断しながら、信頼できるのであれば、その弁護士に依頼しても よいでしょう。その場合ももちろん最初の弁護士で決めるのではなく、数人の弁護士と話をしたのちに 決めるようにしましょう。

弁護士の職務内容の職域