CMやテレビに出演している弁護士について

サイトマップ

トップバナー

テレビにでる弁護士

非常に身近に感じられる

最近はテレビで弁護士を見かけることが多くなりました。弁護士と言っても相談を受けるといったことではなく、半分はタレントのような感じです。一時期有名になったのが丸山和也弁護士です。最初に登場したのは「行列のできる法律相談所」ですが、これは弁護士としての仕事の一つとも考えられます。弁護士に相談することが身近になったきっかけを作った番組でしょう。日頃は触れることのない弁護士が、どんな人達なのかを知る機会となりました。番組の中の弁護士たちは冗談も言いますし法律にも詳しいです。弁護士が非常に身近に感じられました。

弁護士に相談するように

これからの時代は弁護士に相談することが増えてくると思います。紛争が増えている背景もありますが、本当の意味で気軽に相談できるようになりました。今までなら、弁護士に相談するというのは敷居の高いことだと緊張してしまっていたのではないでしょうか。しかし、テレビに出てくる弁護士が普通の人だと感じることができました。多くの人が誤解していたようで、まるで裁判官のようなイメージでいたのかもしれません。厳格で融通の利かない性格のように思われていたのでしょう。弁護士が主人公のドラマも増えて来てます。どんどん弁護士がテレビに出るといいですね。

CM

テレビ

テレビやラジオで弁護士事務所のCMを見かけることが増えて来ました。弁護士に相談する人の増加に伴ってでしょうか。大阪弁護士会のテレビCMは、ちょっとしたドラマ風になっています。出てくる人たちがそれぞれの問題を悩んだ末、弁護士に相談するといった構成です。 CMそのものは特別興味の湧くものではありませんが、弁護士事務所もCMを流す時代になったのかと感心してしまいました。

ポイントイラスト疲れ目による疲労をなくすだけでも頭痛などが軽くなる

弁護士もある意味では営業が大事なのでしょう。お客が相談しに来るのを待っているだけでは経営が成り立たな いのが事実です。しかし、弁護士に気軽に相談できる世の中がよいことなのかは考えてしまいます。すなわ ち、それは多くの人が悩んでいるということに繋がるからです。トラブルも増加し ています。些細なことでも自分の主張を押し通そうとする人が増えて、それがトラブルにつながってい るのです。お互いの言い分を認めて譲歩し、示談などで解決する方法ができなくなっ てきたのです。人と人とのつながりが希薄になってきたことも、原因の一つかもしれません。昔であればそこまで複雑なケースに発展 しなかったケースでも現代では大きな問題になることも珍しくありません。そのような場合に理論的にどちらに非があるかを 説明するのが弁護士です。

弁護士の職務内容の職域