注意点を守れば上手な法律相談が出来る

サイトマップ

トップバナー

法律相談

守秘義務

自分に都合のいい話だけをして、不利な事実を隠してしまうと、あとから不利になってしまうこともあります。そのため弁護士に話してもその内容が第三者にもれることはありません。また心情的に話したくはないと思うことでもそれが事件を解決するのに大切なポイントとなることもあるので、関係のある事柄についてはすべて話すようにしなければいけません。弁護士に法律相談をするときにはいくつか気をつけることがあります。裁判になったとき、証拠の有無が勝敗にかなり大きく影響します。

契約書や診断書など、関係していると思われる書類は全部見せるようにしてください。弁護士に効率的に事実を説明するためにも、メモを用意しておいた方が効果的だと思います。法律事務所にアポイントを取らずに行ったとしても、弁護士が外出していたり、他のアポイントがあったりして対応してもらえません。本当のことを知っていないと弁護士は適切な弁護活動をすることができません。依頼者の秘密を守るという「守秘義務」が弁護士には定められています。

事前に相談の予約をとってから

依頼内容に関係している書類などがあれば全て見せるようにしてください。弁護士への説明が要領を得ていないと、相談するのに時間ばかりがかかってしまって、その分相談料も高くなってしまいます。大切な書類が漏れてしまうこともあるので、自分で選別するのではなく、弁護士に全て見せて選別してもらうようにした方がいいと思います。日時や事実の要点、これまでの経緯などについて簡潔にメモにまとめるようにしてください。はっきりとした事実経過がわからないと、弁護士も適切なアドバイスができません。

相談するときには飛び入りで行くのではなく、事前に相談の予約をとってから行くようにしてください。弁護士に相談するときには、自分に都合の悪いことも事実を隠すことなくしっかりと話すようにしてください。相談当日までにメモを用意しておくといいです。安心してありのまま事実を話すことが大切です。

注意点

相談内容は簡潔に要点をまとめ、相談するようにしましょう。例えば借金問題を弁護士に相談する場合、債権者と取引期間、債務額を一覧表にしていくなどすると判りやすいです。相談は時間単位で有料ですから、相談料金の節約にもなります。市役所の弁護士無料相談などの利用も視野にいれておくとよいのかもしれません。

ポイントイラスト自分の考えなどをまとめておく
説明

あと事前に自分の考えなどをメモ程度でもいいのでまとめておきましょう。いざ相談の段階になると、色々な情報で思考力が低下す る可能性もあります。紙に問題点、弁護士に聞きたい事をしっかりまとめて書いて、それを弁護士に見せるというのも良 いかもしれません。もし可能であれば、事前にファクシミリで弁護士に送信して見ていただくという方法もあります。弁護士は忙 しい職業なので、時間を節約することを顧客が考えれば、弁護士もその顧客を大事にしてくれると思います。ほんの少しの事前作業ですが、 たったこれだけで弁護士の時間を節約でき、好印象を与えることができますので、弁護士に依頼する場合は 、概要を前もって知らせておきましょうね。いくらプロでもいきなりあれもこれも聞かれたのでは答えようがないのです。しっかり伝えられる ことは伝えましょう。

弁護士の職務内容の職域